脂性肌も保湿が大切


脂性肌でも保湿はとても大切です。さきほど落とし過ぎについてお伝えしましたが、それと同じ原理になります。落とし過ぎて肌が乾燥する事で、肌が皮脂不足と判断してしまいます。すると、皮脂が過剰に出過ぎてしまいます。

保湿スキンケア脂性肌の人は、乳液など油分を含んだものは、肌がベトベトするのでできるだけ避けたいと思う人もいるかもしれません。しかし、保湿を怠り肌が乾燥してしまうと、肌自身は皮脂が足りないと判断してしまうのです。すると、必要以上に皮脂が出過ぎてしまうのです。インナードライ肌と言われるように、肌の表面は脂性なのに肌の内側は乾燥肌と言う人も多く存在します。脂性肌だからといって油分をとりのぞくようにしてしまうと、実は乾燥肌が加速されてしまうという結果になります。このように、脂性肌でも保湿してある程度の油分を補って上げる事が、肌の水分と油分のバランスを整えることになるのです。

保湿をしっかりとしてあげる事で、肌はきちんとターンオーバーをしてくれるようになります。すると、古い角質も落とされ肌が丈夫になり、自分で必要なだけの皮脂を出せるようになります。この皮脂の調節が正常になれば、脂性肌は解消されるはずです。また、ターンオーバーが整うと、肌自体がとてもキレイになり、肌の免疫力がアップするのです。

間違ったスキンケア


脂性肌の原因をいくつか見てきましたが、間違ったスキンケアも原因となります。一生懸命ケアしているのに悪化してしまう。そんな人はスキンケア方法が間違っている可能性があります。

肌トラブル先ほど、スキンケアの基本として洗顔が重要だと言う事をお伝えしました。しかし、落とし過ぎは禁物です。なぜなら、肌の角質を落とし過ぎてしまう事で、肌のターンオーバーが乱れ、肌の保湿力を低下させてしまうからです。肌の保湿力が低下してしまうと、肌が乾燥してしまいます。乾燥肌と脂性肌は対極のように思われますがそうではないのです。乾燥してしまうと、肌は本来の自己再生力から油分が足りないと判断してしまいます。そこで、更に皮脂を出してしまうのです。すると、乾燥して水分不足なのに、皮脂は過剰と言う状態になってしまいます。肌には自分で皮脂を調節する働きがあります。ターンオーバーが乱れてしまうと、その調節も出来なくなってしまいます

脂性肌の人は皮脂を落とすケアを重点に考えてしまいますが、必要以上に落とす事は禁物です。特に、ピーリングは角質層を落とす効果があると言われているので、やりすぎには注意してください。ケアしすぎてしまう事も脂性肌にはよくありません。肌本来の力を取り戻す事がとても大切です。

脂性肌の状態とは


脂性肌とは一体どんな状態なのかというと、普通の人より皮脂の量が多い状態を言います。通常の健康な肌は、水分量と皮脂量のバランスがとれ潤いを保った状態になっています。しかし、何らかの原因で皮脂量が出過ぎてしまう事があります。

皮脂が出過ぎてしまう事で肌の表面で皮脂が酸化してしまい、毛穴のつまりが起きたりします。すると、そのつまりが原因でニキビが出来てしまったりするのです。また、毛穴に皮脂がつまると毛穴はどんどん大きくなってしまいます。これが毛穴トラブルの元となってしまいます。このことから、脂性肌はトラブルを引き起こしやすいと言えるのです。

皮脂が出過ぎてしまう原因はいくつか考えられます。まず、油っぽい食事やお菓子などの甘いもの、レトルト食品やファーストフードなどの摂り過ぎです。油分の摂り過ぎは肌へも影響してしまいます。それから、ホルモンバランスの乱れも大きく影響します。思春期は、皮脂がとても多くニキビで悩む人が多くなります。それは、思春期のホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。また、ストレスなどでホルモンバランスが乱れる事で皮脂が出過ぎてニキビが出来る事もあります。肌の皮脂量とホルモンバランスはとても深い関係にあるのです。

基本のスキンケア


脂性肌は、乾燥肌と同じくらい肌トラブルが多くなります。脂性肌でニキビや毛穴などのトラブルで悩んでいる人は多いのではないのでしょうか。脂性肌を改善するために特別なケアと考えるかもしれませんが、まずは基本のスキンケアが大切になります。

洗顔スキンケアの基本は洗顔です。洗顔を制する者こそ、美肌を手に入れる事が出来るのです。脂性肌の人にとっても、もちろん洗顔はとても大切です。メイク用品にはオイルが使用されています。肌にメイク汚れが残っていると、ただでさえ肌がオイリーなのに更に追い打ちをかけてしまいますので、クレンジングはしっかりと丁寧におこなって下さい。そして、クレンジングの後はしっかりと洗顔をおこないます。ここで大切なのはこすらない事です。こすってしまうと肌に刺激を与えてしまう事になり、必要な肌の物質まで落としてしまうことになります。また、洗顔も泡を立てた洗顔が良いでしょう。もっちりした泡が肌への刺激を抑え、肌のすみずみまで洗い上げてくれるからです。

洗顔を終えたら、化粧水とクリームを使って保湿をします。脂分が気になるので、化粧水や乳液などのスキンケアを避けたい気持ちになるかもしれませんが、それは絶対によくありません。肌が乾燥してしまうとそれを補うために皮脂が出て、脂性肌を加速してしまいます。ですから、ニキビ予防のためにも保湿効果の高いスキンケア用品を利用してしっかりと保湿してあげましょう。

このように、スキンケアはとても大切です。そして、更に脂性肌の人が注意すべき点などを把握しておけば、脂性肌の悩みも解決に近付きます。