間違ったスキンケア


脂性肌の原因をいくつか見てきましたが、間違ったスキンケアも原因となります。一生懸命ケアしているのに悪化してしまう。そんな人はスキンケア方法が間違っている可能性があります。

肌トラブル先ほど、スキンケアの基本として洗顔が重要だと言う事をお伝えしました。しかし、落とし過ぎは禁物です。なぜなら、肌の角質を落とし過ぎてしまう事で、肌のターンオーバーが乱れ、肌の保湿力を低下させてしまうからです。肌の保湿力が低下してしまうと、肌が乾燥してしまいます。乾燥肌と脂性肌は対極のように思われますがそうではないのです。乾燥してしまうと、肌は本来の自己再生力から油分が足りないと判断してしまいます。そこで、更に皮脂を出してしまうのです。すると、乾燥して水分不足なのに、皮脂は過剰と言う状態になってしまいます。肌には自分で皮脂を調節する働きがあります。ターンオーバーが乱れてしまうと、その調節も出来なくなってしまいます

脂性肌の人は皮脂を落とすケアを重点に考えてしまいますが、必要以上に落とす事は禁物です。特に、ピーリングは角質層を落とす効果があると言われているので、やりすぎには注意してください。ケアしすぎてしまう事も脂性肌にはよくありません。肌本来の力を取り戻す事がとても大切です。