脂性肌の状態とは


脂性肌とは一体どんな状態なのかというと、普通の人より皮脂の量が多い状態を言います。通常の健康な肌は、水分量と皮脂量のバランスがとれ潤いを保った状態になっています。しかし、何らかの原因で皮脂量が出過ぎてしまう事があります。

皮脂が出過ぎてしまう事で肌の表面で皮脂が酸化してしまい、毛穴のつまりが起きたりします。すると、そのつまりが原因でニキビが出来てしまったりするのです。また、毛穴に皮脂がつまると毛穴はどんどん大きくなってしまいます。これが毛穴トラブルの元となってしまいます。このことから、脂性肌はトラブルを引き起こしやすいと言えるのです。

皮脂が出過ぎてしまう原因はいくつか考えられます。まず、油っぽい食事やお菓子などの甘いもの、レトルト食品やファーストフードなどの摂り過ぎです。油分の摂り過ぎは肌へも影響してしまいます。それから、ホルモンバランスの乱れも大きく影響します。思春期は、皮脂がとても多くニキビで悩む人が多くなります。それは、思春期のホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。また、ストレスなどでホルモンバランスが乱れる事で皮脂が出過ぎてニキビが出来る事もあります。肌の皮脂量とホルモンバランスはとても深い関係にあるのです。