脂性肌も保湿が大切


脂性肌でも保湿はとても大切です。さきほど落とし過ぎについてお伝えしましたが、それと同じ原理になります。落とし過ぎて肌が乾燥する事で、肌が皮脂不足と判断してしまいます。すると、皮脂が過剰に出過ぎてしまいます。

保湿スキンケア脂性肌の人は、乳液など油分を含んだものは、肌がベトベトするのでできるだけ避けたいと思う人もいるかもしれません。しかし、保湿を怠り肌が乾燥してしまうと、肌自身は皮脂が足りないと判断してしまうのです。すると、必要以上に皮脂が出過ぎてしまうのです。インナードライ肌と言われるように、肌の表面は脂性なのに肌の内側は乾燥肌と言う人も多く存在します。脂性肌だからといって油分をとりのぞくようにしてしまうと、実は乾燥肌が加速されてしまうという結果になります。このように、脂性肌でも保湿してある程度の油分を補って上げる事が、肌の水分と油分のバランスを整えることになるのです。

保湿をしっかりとしてあげる事で、肌はきちんとターンオーバーをしてくれるようになります。すると、古い角質も落とされ肌が丈夫になり、自分で必要なだけの皮脂を出せるようになります。この皮脂の調節が正常になれば、脂性肌は解消されるはずです。また、ターンオーバーが整うと、肌自体がとてもキレイになり、肌の免疫力がアップするのです。